ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科

こどもの矯正

子供の矯正治療は、顎の成長を促す効果があります。また、子供は噛み合わせの影響により上顎や下顎の成長が阻害されることがあります。そのため、顎の大きさが小さいまま(劣成長)で成長が終了する場合もあります。

また、歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすくなります。このことからも、早めに矯正治療ができるのであれば治療していくことが重要です。

お子さんの矯正治療について

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

小児矯正は
いつ頃始めるのがベスト?

お子さんの治療は、
症例によって異なるのが現状です。

上下前歯が反対に噛んでいる場合(反対咬合)や奥歯の噛み合わせが横にズレている場合(交叉咬合)などは、早めに治療することをおすすめしています。その場合、早くても4歳半頃からでないと装置の使用が難しいことから最も早くて4歳半頃としています。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

また、上と下の前歯が永久歯に生え変わり、すでにガタガタになっている場合も多く見られます。この時期は、混合歯列期といいます。上下の前歯がガタガタでも治療できるのは、永久歯の根っこが完成してからになります。

混合歯列期での治療相談は上の前歯(乳側切歯:B)が抜けて生えてきた時ぐらいが、ちょうどいいかもしれません。矯正の検査するにしても今後の予測がたちやすいことと、あまりにも早く初めてしまうと治療期間が長くなってしまいます。そのため、ちょうどいいタイミングで治療することも重要だと思います。

治療期間が比較的短いケース

矯正治療自体、治療期間がどうしても長くなってしまいます。それは顎の成長や永久歯の生え変わるスピードが症例によって異なるからです。

その中でも、上の顎(上顎)と下の顎(下顎)にズレがないケースや、上顎の大きさに対して、永久歯の萌出スペースが十分に確保されている症例は、矯正治療期間が長期になる可能性は低いと思います。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

治療期間が比較的延びるケース

基本的には、矯正治療は期間がどうしてもかかってしまいますが、永久歯の萌出スペース不足や上の顎(上顎)と下の顎(下顎)にズレがあるケースでは特に治療期間がかかると思います。

小児矯正のメリット

  • 小児矯正治療では、成長期のため顎を広げることが可能です。
  • 小児矯正治療で終了することができれば、矯正料金がかなり安く済みます。
  • 顎の成長異常でも、治療により改善する方向へ修正できる場合があります。

小児矯正のデメリット

  • 小児矯正治療では、完全に治らないケースもあります。そのため、2期治療も行うと矯正治療が長期にわたる場合があります。
  • 取り外しの装置を使用する場合、装置の効果が装置の使用時間などに左右されるため、ご両親、ご家族の協力が必要です。

小児矯正治療の流れ

症例によって治療期間は前後しますが、小児矯正治療は12歳臼歯が萌出前後で終了することが多いため、約3年ほどかかると思います。歯の萌出が早い子だと、2年で終了する場合もあります。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

カウンセリング

歯並びで一番気になっているところを中心にまず問診し、お口の中をチェックさせていただきます。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

検査

口腔内検査(カリエス、永久歯抜け変わりなど)、口腔内写真、上下噛み合わせチェック、型取り、レントゲン検査(正面・側面セファロ)必要に応じてCT断層写真検査を行います。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

診断

精密検査をもとに頭のレントゲンを分析して顎の大きさを確認し、その子一人ひとりの治療計画をたてていきます。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

治療開始

診断終了後、矯正装置を用いて矯正治療を開始していきます。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

保定

矯正治療終了後、後戻りしないように綺麗な歯並びを維持していく必要があります。その期間を保定といいます。保定装置には、取り外し可能な装置や下の場合は、接着剤とワイヤーでとめる場合が多いです。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

メインテナンス

保定期間も終了し、綺麗な歯並びの状態でも着色や歯石はつきます。そのため、半年に1回はクリーニングや検診で来院していただきお口の中をチェックします。

小児矯正に使用する装置一例

  • 上下顎一体型のマウスピース(プレオルソ)
  • 拡大床
  • 急速拡大
  • クレア
  • ヘッドギア
  • クワドヘリックス
  • GMD
  • バイオネーター

料金表を見る

子供の癖×歯並びへの影響

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児矯正

お子さんの歯並びについて気になることがありましたら、一度、矯正専門医である私たちに相談してください。

① 指しゃぶり

指しゃぶりは、母指吸引癖が多いですが様々なパターンがあります。指しゃぶりが長期にわたると上顎前突(出っ歯)や開咬(前歯が噛んでいない状態)になります。また、下の歯が内側に入ったり、奥歯が交叉咬合といって横にずれてしまうこともあります。

② 口呼吸

アデノイド(咽頭扁桃の増殖肥大)で鼻呼吸ができなくなると口呼吸をするようになります。口呼吸が長期にわたると口唇閉鎖不全、上顎歯列の狭窄、上の前歯が出てしまうなどになります。

③ 歯ぎしり

ブラキシズムにより強い咬合力だと咬合性外傷を引き起こすことがあります。

④ 頬杖

成長期に頬杖などを長期にすると顎が曲がる可能性があります。そうすると奥歯の噛み合わせがズレることがあります。