Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科

虫歯治療

虫歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク=汚れ)に、虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。 この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かします。溶けたその部分に穴をあけ、これが虫歯です。

虫歯ができる原因について

虫歯は、ミュータンス菌という細菌の感染で起こります。ミュータンス菌が餌である糖を食べると酸を出します。その酸により歯が溶けます。

虫歯になりやすい人の特徴とは?

お口の中には、多くの菌がいます。その中でもミュータンス菌が多い人は、虫歯になりやすいです。また、お口の環境が悪いと虫歯になりやすいため、間食を頻繁にする人や唾液が少ない人は特になりやすいです。食事の回数や歯並び、歯磨きの状況、唾液の量など、さまざまな原因によって生じます。

Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科の虫歯治療

Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科の虫歯治療

虫歯は初期であれば、削らずに治療することができます。初期の虫歯は、歯からカルシウムイオンが溶け出て歯の一部が白くなります。この状態を「ホワイトスポット」といいます。

放っておくと、重度の虫歯に発展してしまうことがありますが、歯に溶け出してしまったカルシウムイオンを取り込ませる薬を塗ることで、元の状態に回復させることができます(再石灰化)。また、実質欠損といい歯に明らかな穴があいている場合は、削って治していきます。

症状からみた虫歯の進行について

C1:エナメル質の虫歯

初期の虫歯をC1といいます。C1は削らずに治療することができます。初期の虫歯は、歯からカルシウムイオンが溶け出て歯の一部が白くなります。この状態を「ホワイトスポット」といいます。

放っておくと、重度の虫歯に発展してしまうことがありますが、歯に溶け出してしまったカルシウムイオンを取り込ませる薬を塗ることで、元の状態に回復させることができます。

虫歯のC1の特徴

C2:神経に近い虫歯

明らかに歯に穴があいてる状態で、神経までには感染していない状態です。症状としては、冷たい物がしみることが多いです。

治療としては、虫歯を削った場所が小さい場合に行います。型取りして銀歯や白い詰め物をします。白い詰め物は=コンポジットレジンといい、これは歯科用の特殊なプラスチックです。虫歯を削り取った場所に直接塗布して、特殊なライトを当てて固めます。銀歯のように型を取る時間が不要なので、10分~30分で処置できます。また、歯と同じ色なので、見た目が良いのも特徴です。

虫歯のC2の特徴

C3:神経に到達した虫歯

虫歯が歯の神経まで到達している状態です。自発痛(何もしなくて痛みが強い)がある場合や神経が死んでいて痛みがない場合もあります。基本的には、虫歯をとり神経まで感染しているため、根の中を綺麗にしていきます。これを根管治療といいます。

根管治療では、痛んだ歯髄を除去して、根管を注意深く清掃し、 再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をします。

虫歯のC3の特徴

C4:末期の虫歯

歯の頭の部分がほとんどなく、根っこだけ残っている状態をいいます。多くの場合、処置になると歯を抜く(抜歯)ことが多いです。

虫歯のC4の特徴