Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科

審美歯科

当医院では、各専門分野の先生がいるため様々な角度からアドバイス、治療計画を作成します。いかに患者さんに満足していただき、喜んでいただけるか、また治療した綺麗な歯を長持ちしていただけるようメンテナンス・定期検診にてどうサポートしていくか、スタッフ一同取り組んでいます。

見た目も美しく機能性に優れた歯科治療

Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科の審美歯科

以前に詰め物や被せ物の治療をされている方で、形や色が合っていなく気にされている方にはおすすめです。
また全顎的に治療をしたい方にも綺麗になるチャンスなので、おすすめです。

被せ物の種類

オールセラミック (前歯・小臼歯・大臼歯で使用)

素材:セラミック、ジルコニア

メリット
  • 天然歯にかぎりなく近い色なので目立たない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 生体親和性に優れている
  • 変色がない
  • プラークが付着しにくく虫歯になりにくい
デメリット
  • 素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがある
  • 保険適応外のため治療費が高くなる

オールジルコニアクラウン (大臼歯で使用)

素材:ジルコニア(人工ダイヤモンド)

メリット
  • メタルフリー
  • 強度が強い
  • 安全性を重視
  • 変色がない
デメリット
  • オールセラミックスに比べ自然感が少し劣る

e-maxクラウン(前歯・小臼歯で使用)

素材:100%セラミックス

メリット
  • メタルフリー
  • 変色がない
デメリット
  • 強い衝撃で割れることがある

メタルボンドクラウン(前歯・小臼歯・大臼歯で使用)

素材:セラミック+18金合金

メリット
  • 適合が良い
  • 変色がない
デメリット
  • 裏内が金属のため、前歯だと色を少し拾ってしまう時がある

18金ゴールドクラウン

素材:18金

メリット
  • もっとも適合が良い
デメリット
  • 見た目が金属色

銀歯

素材:12%パラジウム金属

メリット
  • 安価(保険適応)
デメリット
  • 見た目が金属色、適合が悪い、アレルギーが出る時がある
  • 銀は腐食しやすい金属なので銀の耐酸性を補うために金を混ぜ、銀のもろさを補うためにパラジウムを加えます。しかしパラジウムという金属はリンパ幼若化テストという金属アレルギー検査では約半数の人に陽性反応がでます。

詰め物の種類

ジルコニアインレー

素材:ジルコニア(人工ダイヤモンド)

メリット
  • 強度が強く、歯を長くもたせられる

e-maxクラウンー

素材:100%セラミックス

メリット
  • メタルフリー
  • 変色がない
デメリット
  • 強い衝撃で割れることがある

18金ゴールドクラウン

素材:18金

メリット
  • もっとも適合が良い
デメリット
  • 見た目が金属色