ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科

インプラント

インプラント治療とは、失った歯の代わりに、人工歯根であるチタン製のインプラント体を顎の骨(歯槽骨)に埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療方法です。見た目も、機能も天然の歯に近づけることができます。

失った歯を補うインプラント

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科のインプラント

インプラント治療では、インプラントをお口の中に入れて(埋入して)からが大変重要になります。当院では、特にインプラントのケアや検診に力を入れています。少しでもインプラントを長持ちさせていただき、快適な状態で日々過ごしていただくために、メンテナンスを受けて頂くことをオススメします。

インプラント治療を
おすすめする方

インプラント治療は、なるべく自分の歯のように噛みたい人や
極力歯を削りたくない人、入れ歯でお食事がしづらい人におすすめです。

インプラントを行う歯科医院を決める基準として、院長先生から説明・術前の検査説明があること、CTやオペ室が完備されているかどうかを確認してください。

インプラントが自費診療の理由

インプラント治療では外科手術が必要となることから、高い技術力や専門性が求められます。また安心・安全な治療のため、一定の水準以上の材料や設備が必要不可欠です。

インプラントは一般的な歯科治療とは異なり、健康保険の適用外である「自由診療」です。そのため、患者さん自身が治療費を全額自己負担しなければなりません。

このような2つの理由から、インプラントの治療費は高くなってしまいます。

ワイズ板橋歯科・おとなこども矯正歯科のインプラント
インプラント治療が難しいケース
インプラントを入れる予定の箇所の骨がないケースや、薄い場合です。
また上顎の場合、上顎洞という空洞がありますが、上顎洞に近い場合や下顎の場合では、
顎の中に神経がありますが、そこまでの距離がとれない場合難しいと思います。

そのため、術前のCT検査でしっかりと把握しておくことが大事です。
歯を抜いた後、歯をなくした状態で数年経過していると周りの骨が痩せていきます。
その場合、しっかり術前の検査が大切です。

インプラント治療のメリット

  • 噛む感覚が自分の歯と違います。
  • しっかりと強く咬めることで食物をおいしく味わえます。
  • 自信を持って笑うことができます。また見映えよく仕上げることも可能です。
  • 左右でバランスよく咬めます。
  • 取り外す面倒がありません。
  • 自分の歯にかかる負担が減って長持ちし、虫歯になりません。
  • 歯ごたえある食物の食感が楽しめます。
  • 隣の歯を削る必要がないです。
  • 発音が安定して会話を楽しめます。

インプラント治療のデメリット

  • 治療期間が比較的長いです。
  • 状況により見た目がご自身の歯と異なることもあります。
  • 食べ物が詰まりやすくなることがあります。
  • 他の歯が抜けて義歯を入れる場合、インプラントに不用意にフックをかけるとインプラントに ダメージが加わることがあるため、義歯のデザインが制限されることがあります。
  • 外科処置に伴う痛み・腫れ・出血・合併症の可能性があります。
  • お手入れをしっかりしないと歯周病に感染することがあります。
  • 治療費が比較的高額です。

インプラント治療の流れ

まずはお気軽にご相談ください。

1. カウンセリングと術前検査

インプラントの治療方法には、失われた歯の数や位置、インプラントを埋め込む骨の硬さ、量などによって様々な選択肢があります。

2. 治療計画の立案と決定

検査を行った後、結果をもとに治療計画を立てていきます。また、費用や手術の具体的な内容、治療期間について確認しておきましょう。

3. インプラント手術

顎の骨にインプラントを埋め込み、骨とインプラントを結合させた後に、人工の歯を装着していきます。

4. 手術後のメインテナンス

インプラントを埋め込み、人工の歯を装着した後は、インプラントを長持ちさせるためにも定期的に歯科医院でメインテナンスをする必要があります。

インプラントの寿命
インプラント体(骨に埋まっている所)は、歯周病の進行がない限り長期的(何十年単位)で持ちます。
しかし、インプラント体の上に被せている物はずっとはもちません。
あくまでも被せ物なので、破折、脱離等は生じる場合があります。
被せる種類によりますが5年以上は待ちます。