Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科

小児歯科

小児歯科での虫歯は歯並びを悪くすることがありますが、虫歯予防をすることで歯並びが悪くなるのを予防できます。お子さんの成長や歯の生えかわりを見極めて治療方針をたてる必要があります。

子供の「初めての歯科治療」を
検討している親御さんへ

Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児歯科

当院では、いきなり歯を削るような治療はいたしません。歯医者さんが初めてのお子さんには安心してもらえるように「歯医者さんってこんなところだよ。」とスタッフが優しく教えてくれます。
そして最後は笑顔で帰っていただけるよう心がけております。

また、治療方針では小さい頃からアプローチできるようであれば小児矯正治療も一緒にとりいれられるように取り組んでおります。小児歯科専門医と日本矯正歯科学会認定医による様々な治療がございますのでお気軽にご相談ください。

子供の虫歯の原因

子供の虫歯の原因

大人から子供へ虫歯はうつる?

主な原因は、虫歯(ミュータンス菌)による感染により、歯が溶けた状態が虫歯のはじまりです。生まれたての赤ちゃんはみんな虫歯菌がありません。
家族のだれかに虫歯菌がいれば唾液を介して感染します。

虫歯になりやすい子供の特徴

家族の誰かが虫歯菌が多かった場合や、共働きでおじいちゃんやおばあちゃんに預けることが多いお子さんは、虫歯になりやすい傾向が多いです。

そのため、1日1回は必ず親御さんによる仕上げ磨きが重要になります。

子供の虫歯予防について

自宅で行う「子供の虫歯予防」

歯が生え始めてからすでにリスクがあります。そのため予防をすることがとても大切です。
乳歯が生え始めたら歯磨きをしていただくのがベストですが、ガーゼ・柔らかブラシでぬぐう程度で大丈夫です。

みがき遊び

お子さんに歯ブラシを持たせ、人形やぬいぐるみを使って一緒にみがく。

痛くしない

ガーゼで拭く→ゴム歯ブラシ→歯ブラシの順に使ってみる。

歯医者で行う「子供の虫歯予防」

まずは虫歯にならないように予防が大切です。
フッ素塗布やシーラント、歯磨き指導、虫歯にならないためのアドバイスを当医院歯科衛生士が詳しくご説明いたします。

シーラント処置

乳歯の噛む面のところにお薬をいれて、噛む面が虫歯にならないようにするケアです。
シーラントは噛み合わせで欠けたり取れることもあるので、定期検診でのチェックが必要です。

フッ素塗布の効果

  • 抗菌効果
  • 虫歯菌の働きを抑制する
  • ミネラルの再石灰火を促進する
  • エナメル質の耐酸性を向上させ歯を強くする

乳歯の虫歯治療

Y’s板橋歯科・おとなこども矯正歯科の小児歯科

最初はお子さんが怖がらないようにトレーニングを取り入れ、慣れてきてから徐々に治療をしていきます。

小さい虫歯
虫歯部分を削って白い詰め物を詰めて治します。
虫歯が大きい場合
虫歯が大きい場合、虫歯部分を削って神経までいくようであれば根の治療をします。治療が困難な場合は虫歯進行止めのお薬を塗り、治療できる年齢になった頃治療をしていくこともあります。
永久歯に影響を与える場合
虫歯の影響乳歯の根っこの方まで虫歯菌がいき膿の袋をつくっている場合、永久歯に影響をあたえることがあります。その場合早めに乳歯を抜歯することがあります。